ガッツリ軒

三代目TSUBA二郎ニンニクスクナメヤサイマシマシアブラマシカラカラ1100円

煮干しベースの塩気の強いラーメンは癖が強く食べる人を選ぶものですが、当時浜松地区では少なかったG系メニューが、それこそG系の方々や学生さんに愛されています。
どちらかといえば若い男性向けなお店で、一応中華そばもありますが基本的には高齢者には向いてないかもしれません。

三代目から代替わりしていないTSUBA二郎、現在増量期でもあるので初の野菜マシマシにアブラマシ、食後にジムトレなのでニンニクスクナメ、さらに濃いめ好きなのでカラカラコール。

先客4組5名、2名オペで7分での提供。

三代目TSUBA二郎(2022/06)

ででーん!
久々にこの高さを見ました。
中々パワフルなビジュアル。
良い意味で、本当にいい意味で「餌」的な見た目。
いいです、実にいいです、いいんです。

野菜の3分の1程を他のG系にはないガッツリ軒さんの配慮でもあるモヤシ入れに避難し実食開始。
食べ始めてすぐわかるのですが、量的には思っている以上に大したことはなく、麺にたどりつくのに時間はかかりません。
見た目のボリュームより何よりカラカラコールの味の濃さの方が破壊的。
当時の記録、塩分濃度2.3%はダテじゃないです。
しょっぱいの好きな私でもこのかなりしょっぱ目スープは当然食べる人を選ぶことになりますね。
個人的には何歳になろうと濃いものを欲する体なので好きで仕方ありません。
マシたアブラ含めてどうみても体に良いとは思えませんけど、精神的にはガッツリ美味しくいただけ満足感高いです。
頼まれる方は、自分の体と相談してのコールを検討してからオーダーを。

ベースの煮干し風味は初期の頃からかなり弱まった気がしないでもないですけど、それがまた食べやすさ的にはプラスになっている感じています。
おっさんが食べるようなものではないのかもしれませんが、とんじゃかありません。
やっぱり好きなものは好きなのです。

カロリー必要な方には超絶オススメ、私も減量期に入る前にもう一度は食べておきたい。

ちなみにお値段上がってキリのよい1100円でした。
この方がWin-Winですかね。

店舗詳細

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。