最終更新日:2021年10月01日

行列のできているお店が複数並んでいて、どちらの店でもよいからとにかくできるだけ待たずに早く食べることができるお店に並びたい。
多くのお店が集まるイベントなどではそういった機会にでくわすことがあるでしょう。
そこで問題。

Q.以下のお店、どのお店に並ぶのが早く食べる(着席する)ことができるでしょうか?

A:10人の行列、5席のお店
B:20人の行列、10席のお店
C:30人の行列、15席のお店

A店もB店もC店も、席数の倍の人数が並んでいます。
つまり1席あたりに並んでいる人数は同じ。

A.「C」に並ぶのが最も短い待ち時間で着席できる(確率が高い)

(「OR(オペレーションズリサーチ)」にて計算、詳細マニア向けなので略)

この考え方、ラーメン店に限らずトイレなどでも同じ。

1席あたりの待ち人数が同じであれば、席数が多い所に並ぶのが効率よい(早く到達できる確率が高い)のです。
結論だけ知ってると、いつか多少役にたつかもしれません。

競馬場やスキー場などではトイレに行列ができていることが多いです。

 1階のトイレは個室が3個で6人並んでる。
 2階のトイレは個室が4個で8人が並んでる。

この場合であれば、迷わず2階のトイレに並びましょう。

※勿論、とびきり長居をする方がいたりしてその通りにならない可能性はありますが、あくまでも確率上は有利ということで。
 野性のカンで並んだ方が良い場合もありますし、漏らしてしまっても責任はとれませんのであしからず。