ひろめ市場@高知県高知市

塩たたき1300円+タレ1600円+お酒650~1000円+餃子460円+メガジョッキ1100円他

3月以来、8か月ぶりの高知。
前回訪問時はガラガラだった「ひろめ市場」、いい気になりすぎて結局記憶をなくす失態をしでかし今回は絶対素面で過ごすぞと硬い決意のもとリベンジ訪問。

勝手知ったる土地でもありスタスタと目的地へ歩きますよ。

とりあえず「はりまや橋」も寄っていこうかしら。
日本最大がっかり名所の一つです。

目的の一つ「ひろめ市場」、その先には「高知城」がありますね。
我々静岡西部人からすると、「山内一豊」とのつながりは何だか嬉しい気持ちになります。

お城見学は結構足腰使うのでお腹を空かすにはもってこい。
それでは、目の前にある「ひろめ市場」に向かいましょ。

店内入口で「アルコール消毒」と「検温」。
「マスクを鼻までしっかりするよう」ひっきりなしに放送があります。
うわっ、かなり混んでてお一人様でも座れません。

10分程待って、空いたところにすかさず着席。
一番好きな「やいろ亭」さんに近い場所を確保。

まずは「安兵衛」で「餃子」と「メガジョッキ」で喉を潤します。
餃子は15分くらいかかりました。
店専用の旗はくれるので、それテーブルにおいとけば持ってきてもらえますよ。


この餃子、「浜松餃子」とは全く違って、ツマミとして抜群。
美味いっ!

そして一番の目的「やいろ亭」の「塩たたき」。
初めて食べた時は、鰹は結構食べてきてる静岡県人としても、驚きました。
異次元の美味しさとはまさにこのこと。

うめえよ、これ。
マジで美味い。
日本一美味い食べ物じゃないか。

となると、酒もすすみますわね。

「久礼」からはじまり、色々飲みたくなるのです。

そして合間につまみをば。

タレのたたきもいっちゃいましょ。

最高に幸せ。
席がかわり相席となったお隣の女性二人と談笑。
東京から四国一周しにこられたとのことで、次は台北で会いましょう!と約束。

そうです、あの時の静岡のおっさんです。
楽しかったね!

彼女達、今日のフライトで帰るとのことで私もおひらき。
ブラブラします。

と、もう一軒飲んだ以降記憶があやふやに・・・。

タイムラインの記録と写真を見ると、きっちりラーメン屋さんにも寄ってるようです。

「土州屋」さん。

う~ん、やはり記憶にない。
またしてもリベンジならず、高知の夜は記憶をなくすにもってこい。

全国津々浦々周ってますけど、高知県、大好きな県の一つです。
全国的評価は何かネガティブなことばかり言われてますけど、よいところですよね。

近い内に今度こそリベンジしに再訪します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。