最終更新日:2022年04月10日

上記の「ラーメン価格の平均値」のデータは、全国各店舗で特に何を食べるかを考慮しないで食べた際の価格の平均値でした。
そのため、全部のせ等を好んで食べているので、どうしても若干高めにでてしまいます。

では、各店舗で一番安いメニューの平均値はどの程度になるのでしょう。
2021年度時点、静岡県西部地区に絞って調査してみました。

条件
・静岡県西部地区の店舗
・その店の一番安価なメニュー
・但し、「かけラーメン」や「ミニラーメン」などのある意味イレギュラーなメニューは除く
・トッピングのあるデフォとなるちゃんとラーメンとして成立するメニュー

ラーメン価格の平均値(最低価格版)
n=264
最安値250円
最高値950円
平均値646円

平均値は646円と意外と安価な感じがします。
何だか良心的な気さえしますね。
(中には、最低価格が950円というお店もありますけど・・・)

ただ、やはりノーマルラーメンでは物足りず、トッピングをつけたりすることが多くなりがちで、結局800円程度が想像している平均になるのではないでしょうか。

ラーメン価格分布

正規分布というより、650円越え700円以下が突出したグラフになりました。

市町村別平均価格分布

市町村別に高い地域安い地域があるのかな?
と思い、市町別の平均値のレーダーチャートと箱ひげ図をのせてみます。

御前崎市、菊川市は、どうしても n数 が足りていないために高めになってしまっています。
ただ、浜松市と磐田市では差があるようにも見えますね。
この辺は、数字の見せ方によってある意味どうとでも思わせることができる(TVの情報番組などが意図的に使ってる常套手段)ので、有意差があるのかどうかは個人で読み取ってみてください。

最後に、冒頭の棒グラフをもう少しイメージしやすく円グラフでそれっぽくみせたものです。
700円以下のお店が3分の2くらいあることがパッと見わかることでしょう。

そして、令和のこの時代になっても、ワンコインで食べれるラーメン店の割合が9.5%もあることがわかります。

まとめ

これらの結果をふまえると、どうやら最低価格が700円を超えていると、お高く感じそうな雰囲気です。

とはいえ、最近のいわゆる 意識高い系 といわれる 無化調 でスープや、麺/具材にこだわりのあるラーメンは、どうしても原価がかさみ高くなってしまいます。
庶民食のラーメンとは分けて考えるべきなのかもしれませんね。